Menu

乾燥熟成冷蔵庫

家庭業務兼用

continue
DRY AGER DX 500 Sサイズ(最大20 kg)
DRY AGER DX 1000 大型(最大100 kg)










美味しさに飢えていますか。 ドライエージング XXL型

美味しさに飢えていますか。

ドライエージング XXL型


DRY AGER®より、 ウォークイン ドライエージングーラダー登場!

熟成ビーフ、熟成ポーク、ハム、その他肉加工製品の製造を加水なしで実現

あなたの要望に合わせて、独自のドライエージャーを!

ラダーサイズを自分で決めて、材質、色、備品も選べます。

ドライエージング1台で無限の可能性

さあ、今すぐお問い合わせください。

DRY AGER DX 500 Sサイズ(最大20 kg)

DRY AGER DX 500
Sサイズ(最大20 kg)

外枠ボディー – サテンブラック
絶縁ガラスドア – UV保護 (メタリックシェード)

内寸 – 71 X 50 X 43 cm (W x H x D)
外寸 – 90 X 60 X 61 cm (W x H x D)
インドア容量 / 液体容量 – 147/132 ℓ
電圧 – 220-240 VV (50 HZ + 60 HZ)
消費電力 – 年間365 / kWhのみ

温度強度 – 0.1 ºC刻みで0 ℃から25 ℃まで電子制御
HUMICONTROL® – 60%から90%まで電子制御(外部水源不要)
DX AIRREG® – 最適な空気拡散、活性チャコールフィルター、UV滅菌システム
LEDライトDX – 光のスペクトラムに紫外線放射が含まれないので熱照射が最小限となり肉の温度に影響しません

最大負荷 – 2 ブランク、長さ各0.5 mか最大 20 kgの肉片をシェルフに載せます


価格 560.000.- JPY
VAT を除く
パーソナルオファー
DRY AGER DX 1000 大型(最大100 kg)

DRY AGER DX 1000
大型(最大100 kg)

外枠ボディー + ドア – ステンレススチール
絶縁ガラスドア – UV保護 – メタリック-

内寸 – 138 X 54 X 56 cm (W x H x D)
外寸 – 165 X 70X 75 cm (W x H x D)
インドア容量 / 液体容量 – 478/435 ℓ
電圧 – 220-240 VV (50 HZ + 60 HZ)
消費電力 – 年間621 / kWhのみ

温度強度 – 0.1 ºC刻みで0 ℃から25 ℃まで電子制御
HUMICONTROL® – 60%から90%まで電子制御(外部水源不要)
DX AIRREG® – 最適な空気拡散, 活性チャコールフィルター & UV滅菌システム
LEDライトDX – 光のスペクトラムに紫外線放射が含まれないので熱照射が最小限

最大負荷 – 2-3 空、各1.2 m 対応


価格 895.000.- JPY
VAT を除く
パーソナルオファー

正しく自分流の肉熟成方法がここにあります。

一つの肉しかでき上がらない: 乾燥熟成ビーフ。それには冷蔵庫一つで足ります: Dry Ager®。ご自宅で永遠にあなたのため!

南の奥深いドイツにあるランパーツヴァイラー地方こそ世界の中心です。ご存知ありませんか? そうならおそらくハンターではないようですね。ラトビアからアンダルシアまで最適な冷却条件を求めるハンターなら当地製の獲物冷蔵庫を持っているはずです。ラーヴェンズブルクの北方30 kmに位置するバート・ザウルガウの平穏なランパーツヴァイラー地区に獲物用冷蔵庫(獲物クーラーとも呼ぶ)を全世界のお客様にお届けしているランディグ家が居住しています。同家はバキュームシーラーや真空装置製品ファミリーでも周知です。父親のマンフレッド(57)と長男クリスティアン(34)及び次男アーロン(30)は市場のリーダーであり、今後もこの地位が変わることは見込んでいません。このためすでに新製品が製品ファミリーに加わったと思うのが当然でしょう: それがDry Agerです – これなら素人でも自分で肉を最初から簡単に熟成させられる初の実用的冷蔵庫です。二人の息子についてですが、まずは父親の口をはばからないコメントをご紹介しましょう: 2013年にいちばんいいステーキを食べられるのがどこかについて取り沙汰されました。乾燥熟成法がまたも超一流コックと供給業者の手によって発見されましたが、その時は肉牛のロインを使い、時としては豚肉やラムも使用し、2カ月以上も熟成させ、この繊細微妙な味に仕上げました。1960年代にバキュームシーラーが発明されるまではそれ以外に牛肉を熟成させる他の方法がありませんでした。なぜなら, 肉を管理された温度、湿度、空気の質に寝かせることに「掛かっていた」からです。肉の愛好家によいことは供給業者にはよくないことでした。露出した肉の表面が乾燥し、皮相に固い殻が形成されたので、これを除去する必要があったからです。この加工が終わる頃には肉片の重量が30%も失われたので – 肉屋さんは売上高が30%減少しました。減量させずに熟成される唯一の方法は「濡らした」熟成バッグの使用であり、これならまだ柔らかい 肉片ができました。今日ではドイツで生産されるほぼすべての牛肉はプラスチックバッグ入りで熟成されています。しかしこの方法では肉を食する人が自分から合わせる必要があるきついメタリックな風味が残ります。近年になってようやく高価なステーキハウスの人気が高まるにつれ、乾燥熟成法の風味による楽しみがまた普及し始めました。しかし真空法による肉に代わる物をどこで買えるのでしょうか? 納得しうる価格の乾燥熟成したステーキが長い間探し求められましたが結果が出ませんでした。  すでに成功していた沿革があり、さらに経理部、営業部、ショールーム部門を設置したのにともない、会社が成長し市場リーダーになるには一つの方法しかありません。子どもたちが幼稚園から大学で学ぶまでの間にこの息子らが習得した資格を利用して強化しうると思われるマーケットプレースにおけるニッチ市場を見出していました。父親と同じくアーラ音も冷蔵及び空調エンジニアとして修士号を取得したほか、兄弟は有能なビジネスマンに成長していました。父親マンフレッドは息子らが始めたときしか専門家としてのアドバイスを与えることができず、彼らはほぼ自分でやるしかない状況にありました。

 

ビジョン: 衛生、取扱い、外観の点でレストラン、クラブハウス、さらに家庭にもぴたりと合うような肉の熟成冷蔵庫。電源コンセントにつなぐだけで稼働する – 外部給水が不要な220 Vの装置 – 5,000ユーロより安い装置。肉屋さんやステーキハウスのためには、購入後はDRY AGERに肉を3回装填して処理すれば元が取れるような装置。これは現実的な計算でした、それは高品質な生のビーフに高品質な大理石風の肉質は例えば若い(まだ子牛を生んだことのない)雌牛がドイツで取殺業者から直売の場合1キロ11~18ユーロだからでした。乾燥熟成を4~6週間行うと、肉片価格は市場価値にして倍増しました – 地場の肉牛から作る乾燥熟成ステーキは(ドイツの場合は)店舗価格でも1キロ60ユーロせず、アイルランドや米国、オーストラリア産アングスやヒアフォード、アルプス高地のジメンタール産等肉牛種のサーロインステーキはさらに高価につきます。タイミングと市場はすでに揃っていたので、後は製品だけ必要でした。しかし開発は継続され、シュバービン地方の基質である正確さ、創意工夫、効率性、ビジネスを成功させる野心を以てすれば結果が出ると期待してもよろしいでしょう。クリスティアンが大規模な会社のデータベースから探した数人の顧客とともに家庭用熟成用冷蔵庫に興味を持つ人がいるかいないかと考えている間に、アーロンは開発に取り組みました。そして結論を出しました: 人工スケートリンクや大型冷蔵スペースを設計したことがある彼のような実績ある冷蔵エンジニアにとってさえ、プロジェクトは小さい話ではありません。「最初の家は数カ月間装置が温度、湿度、気流の循環を設定値で完璧に維持できるかを見るために遊びました。次に肉をいくらか購入し、数週間に渡って熟成過程で起こったことを観察し、装置の改善方法について検討しました」と、彼は言いながらデータトラッカーの値を確認していました。このトラッカーはまだ実験段階の「エージャー」としてオフィスにありました。

連絡フォーム

以下の連絡フォームをご利用の上お問い合わせを迅速かつ簡単にお送りいただけます。ご要望があれば24時間以内(営業日のみ)にご回答申し上げます。喜んで支援させていただきます。

 

DRY AGER® JAPAN

ここにあなたのドライエージャー会社のアドレスをご記入ください。

DRY AGER® JAPAN
Langtech Limited

Room 2401, 24/F
Berkshire House
25 Westlands Road,
Quarry Bay
Hong Kong

Sales-Manager: Mrs. Charmaine Hung

Tel: (852) 25126606
E-mail:   info@dry-ager.jp





氏名 *

メールアドレス *

住所 *

〒/都市名 *
/

電話番号 *

件名

本文

* 記入必須

 

パーソナルオファー

こちらから迅速かつ無条件でパーソナルオファーをお求めになれます

 





数量乾燥熟成庫
DRY AGER DX 1000
最大荷重220 ポンド (約100kg)
標準付属品:ハンガー(DX0010) 1個
DRY AGER DX 1000 (2台横置き)
DX 1000 x 2台
最大荷重  440 ポンド(約200kg)
標準付属品:ハンガー (DX0010) 2個
DRY AGER DX 500
最大荷重 44 ポンド (約20kg)
標準付属品:棚 (DX0025)1個 、 底棚 (DX0028) 1個
DRY AGER DX 500 (2台横置き)
DX 500 x 2台
最大荷重  88 ポンド (約40kg)
標準付属品:棚 (DX0025) 2個 、底棚(DX0028) 2個
数量乾燥熟成冷却庫
既存熟成庫への取付キット、
プラグインタイプ、 最大立米 10m³
既存熟成庫への取付キット、
プラグインタイプ、 最大立米 16m³
既存熟成庫への取付キット、
プラグインタイプ、 最大立米 24m³
数量ウォーキングイン型熟成庫
個別ウォークイン乾燥熟成庫
カスタムメイドウォークイン; 多様なサイズ、仕様でオーダー可能です。

 

DRY AGER DX 1000 アクセサリー
DX 1000 – 追加ハンガー (ステンレス鋼)
最大荷重176 ポンド (約80kg)
DX 1000 – ハーフサイズ棚
棚の後ろに肉を吊るせます。最大荷重55 ポンド (約25kg)
DX 1000 – 棚
最大荷重88 ポンド (約40kg)
DX 1000 – ソーセージ棚
ソーセージ、サラミ、ハム用
DX 1000 – 岩塩ブロックセット
1セット4個入っています。より強いフレーバーがつきます。
DX 1000 – 岩塩ブロック用ステンレス容器
岩塩ブロック4個(DX0055)がぴったり収まります。
DX 1000 – ディスプレイ用架台 ブラック
高さ: 40 cm、 スチール製、 脚高さ調整可能
DRY AGER DX 500 アクセサリー
DX 500 – ステンレス製ハンガー
最大荷重 33 ポンド (約15kg)、 同じ段にハンガー2個セット設置可能です。
DX 500 – 専用棚
最大荷重 44 ポンド (約20kg)、 1個同梱
DX 500 – 棚
ソーセージ、サラミ、ハム用
DX 500 – 岩塩ブロックセット
1セット2個入り。より強いフレーバーがつきます。
DX 500 – 岩塩ブロック用ステンレス容器
岩塩ブロック2個(DX0058)がぴったり収まります。
その他アクセサリー
熟成肉用ラベル
(20枚入り) 再利用可能、ナイロン製紐付き
S型フック ステンレス製
最大荷重 220 ポンド (約100kg) (160 x 8 mm)
回転フック ステンレス製
最大荷重 220 ポンド (約100kg) (180 x 8 mm)
UVC-バルブ
1回/年 交換推奨
カーボンフィルター
1回/年 交換推奨

業種

 

連絡先詳細

会社名

役職名

インスタグラムアカウント

名前 *

姓 *

住所 *

電話番号 *

Eメールアドレス *

郵便番号/市 *
/


* 必須 記入項目

DRY AGER® JAPAN

ここにあなたのドライエージャー会社のアドレスをご記入ください。

Langtech Limited

Room 2401, 24/F
Berkshire House
25 Westlands Road,
Quarry Bay
Hong Kong

Sales-Manager: Mrs. Charmaine Hung

Tel: (852) 25126606
E-mail:   info@dry-ager.jp